学校のアレルギー疾患に対する取り組みガイドライン

学校のアレルギー疾患に対する取り組みガイドラインは公益財団法人日本学校保健会により作成された学校向けガイドライン。

目次・掲載疾患

第1章 総論

  • すべての児童生徒が安心して学校生活を送ることのできる環境作りをめざして
  • アレルギー疾患とその取り組み
  • 「学校生活管理指導表(アレルギー疾患用)」に基づく取り組み

第2章 疾患各論

  • 気管支喘息
  • アトピー性皮膚炎
  • アレルギー性結膜炎
  • 食物アレルギー・アナフィラキシー
  • アレルギー性鼻炎

この投稿の続きを読む »

タグ


2012年7月16日

カテゴリー:アレルギー疾患 小児科系疾患

保育所におけるアレルギー対応ガイドライン

保育所におけるアレルギー対応ガイドラインは平成23年3月に厚生労働省により発表された保育所向けのガイドライン。合わせてQ&Aも出されました。

目次・掲載疾患

  1. 総論(アレルギー疾患とは)
  2. 保育所におけるアレルギー疾患(実態)
  3. アレルギー疾患各論(生活管理指導表の活用)
    気管支喘息、アトピー性皮膚炎、アレルギー性結膜炎、食物アレルギー・アナフィラキシー、アレルギー性鼻炎
  4. 食物アレルギーへの対応
  5. アレルギー疾患の共通理解と関係者の役割

この投稿の続きを読む »

タグ


2012年7月16日

カテゴリー:アレルギー疾患 小児科系疾患

食物アレルギーの栄養指導の手引き2011

食物アレルギーの栄養指導の手引き2011は厚生労働科学研究により作成されました。2008年度版からの改訂です。

目次・掲載疾患

  1. 食物アレルギーの基礎知識
    食物アレルギーとは、食物アレルギーの臨床型、食物アレルギーの症状、食物アレルギーの疫学、食物アレルギーの診断、食物経口負荷試験、食物アレルギーの予後
  2. 食物アレルギーの治療・管理
  3. 食物アレルギーの栄養指導の目的
  4. 総論:栄養指導の実際
  5. 乳児期の栄養指導
  6. 除去食物別の栄養指導
  7. 加工食品のアレルギー表示
  8. 保育所・幼稚園・学校における役割
  9. 栄養士の視点で患者や保護者を支援
  10. 参考資料

この投稿の続きを読む »

タグ


2012年7月16日

カテゴリー:アレルギー疾患 小児科系疾患

食物アレルギー経口負荷試験ガイドライン2009

食物アレルギー経口負荷試験ガイドライン2009は日本小児アレルギー学会により作成されたガイドライン。

目次・掲載疾患

第1章 食物経口負荷試験の目的
第2章 食物経口負荷試験の適応決定
1.病歴
2.免疫学的検査
第3章 実施体制の整備
1.食物経口負荷試験を実施する施設
2.実施場所と人員
3.器材、薬品
4.負荷食品
5.必要書類
第4章 食物経口負荷試験の実際の方法
1.事前準備
2.負荷試験前の確認事項
3.負荷食品と負荷量
4.負荷試験のプロトコール
5.観察項目とスコアリング
6.誘発症状に対する治療
7.結果の説明と食事指導
第5章 食物依存性運動誘発アナフィラキシー
資料1. 用語集
資料2. 具体例
・日帰り入院の例
・1泊2日入院の例
・外来負荷試験の例
・厚生労働科学研究によるブラインド負荷試験
資料3. 説明同意書
資料4. 食物経口負荷試験事前説明書
資料5. 結果説明書
資料6. 食物経口負荷試験スコアリングシート
資料7. 食物経口負荷試験保険適応

この投稿の続きを読む »

タグ


2012年7月16日

カテゴリー:アレルギー疾患 小児科系疾患

食物アレルギー診療ガイドライン2012

食物アレルギー診療ガイドライン2012は日本小児アレルギー学会食物アレルギー委員会により作成されたガイドライン。2005年以来6年ぶりの改訂です。

目次・掲載疾患

第1章   定義と分類
第2章   疫学
第3章   病態生理と成立機序
第4章   自然経過
第5章   食物アレルゲン
第6章   臨床症状と関連疾患
第7章   診断と検査(食物経口負荷試験を除く)
第8章   食物経口負荷試験
第9章   治療
第10章 食物アレルギーの特殊型
第11章 食物アレルギーの発症の予知と予防
第12章 社会的対応
第13章 患者および保護者への情報提供と共有化
第14章 今後の課題
補遺「災害時のこどものアレルギー疾患対応パンフレット」

この投稿の続きを読む »

タグ


2012年7月16日

カテゴリー:アレルギー疾患 小児科系疾患

食物アレルギーの診療の手引き2011

食物アレルギーの診療の手引き2011は厚生労働科学研究により作成されたガイドライン。

目次・掲載疾患

  1. 総論(定義、臨床型分類、食物アレルギーにより引き起こされる症状、疫学、その他重要事項)
  2. 診断(問診など、各種検査の特徴と適応、食物アレルギー診断のフローチャート)
  3. 治療・管理・予防(治療・管理、原因食物決定後の管理、栄養指導、経口免疫療法、食物アレルギー患者への薬物投与、ハイリスク児に対する対応)
  4. 社会的対応(食品衛生法 加工食品に含まれるアレルギー表示、食物除去の指示書(診断書))
  5. アナフィラキシーへの対応(アナフィラキシーとは、食物によるアナフィラキシーの臨床的重症度、医療機関以外での食物アレルギー症状出現時の対応、医療機関におけるアナフィラキシー発症時のフローチャート)

この投稿の続きを読む »

タグ


2012年7月16日

カテゴリー:アレルギー疾患 小児科系疾患

小児アレルギー疾患総合ガイドライン2011

小児アレルギー疾患総合ガイドライン2011は、日本小児アレルギー学会により作成されたガイドライン。

掲載疾患

  1. 小児アレルギー疾患総論
  2. 気管支喘息
  3. アレルギー性鼻炎
  4. アトピー性皮膚炎
  5. 食物アレルギー

この投稿の続きを読む »

タグ


2012年7月15日

カテゴリー:アレルギー疾患 小児科系疾患 皮膚科疾患

アレルギー疾患診断・治療ガイドライン 2010

アレルギー疾患診断・治療ガイドライン 2010は、社団法人日本アレルギー学会により作成されたガイドライン。2007年版からの改訂。

2007年版のガイドラインに掲載された、アレルギー疾患総論、成人喘息、小児喘息、アレルギー性鼻炎、アレルギー性結膜疾患、アトピー性皮膚炎、食物アレルギーに加え、2010年版では重症薬疹の診断基準、接触皮膚炎、蕁麻疹・血管性浮腫、ラテックスアレルギーの4項目が追加になりました。

この投稿の続きを読む »

タグ


2012年7月15日

カテゴリー:アレルギー疾患 皮膚科疾患

このページの先頭へ