小児気管支喘息治療・管理ガイドライン2012

小児気管支喘息治療・管理ガイドライン2012は日本小児アレルギー学会により作成されたガイドライン。2008年版からの改訂です。

目次・掲載疾患

    第1章 改訂にあたって
    第2章 定義、病態生理、診断、重症度分類
    第3章 疫学
    第4章 危険因子とその予防
    第5章 呼吸機能と客観的指標
    第6章 急性発作への対応
    第7章 長期管理に関する薬物療法
    第8章 乳児喘息
    第9章 思春期~青年期喘息
    第10章 吸入機器とその使い方
    第11章 呼吸器関連合併症
    第12章 教育、QOL、心理的配慮
    第13章 運動誘発喘息(EIA)、運動療法
    第14章 学校保健、予防接種、外科手術時の配慮
    第15章 喘息死
    第16章 ガイドラインの今後の課題
    第17章 主な抗喘息薬一覧表
    補遺1 重症心身障がい児(者)の気管支喘息診療における注意点
    補遺2 災害時のこどものアレルギー疾患対応パンフレット

この投稿の続きを読む »

タグ


2012年7月16日

カテゴリー:アレルギー疾患 小児科系疾患

食物アレルギー経口負荷試験ガイドライン2009

食物アレルギー経口負荷試験ガイドライン2009は日本小児アレルギー学会により作成されたガイドライン。

目次・掲載疾患

第1章 食物経口負荷試験の目的
第2章 食物経口負荷試験の適応決定
1.病歴
2.免疫学的検査
第3章 実施体制の整備
1.食物経口負荷試験を実施する施設
2.実施場所と人員
3.器材、薬品
4.負荷食品
5.必要書類
第4章 食物経口負荷試験の実際の方法
1.事前準備
2.負荷試験前の確認事項
3.負荷食品と負荷量
4.負荷試験のプロトコール
5.観察項目とスコアリング
6.誘発症状に対する治療
7.結果の説明と食事指導
第5章 食物依存性運動誘発アナフィラキシー
資料1. 用語集
資料2. 具体例
・日帰り入院の例
・1泊2日入院の例
・外来負荷試験の例
・厚生労働科学研究によるブラインド負荷試験
資料3. 説明同意書
資料4. 食物経口負荷試験事前説明書
資料5. 結果説明書
資料6. 食物経口負荷試験スコアリングシート
資料7. 食物経口負荷試験保険適応

この投稿の続きを読む »

タグ


2012年7月16日

カテゴリー:アレルギー疾患 小児科系疾患

食物アレルギー診療ガイドライン2012

食物アレルギー診療ガイドライン2012は日本小児アレルギー学会食物アレルギー委員会により作成されたガイドライン。2005年以来6年ぶりの改訂です。

目次・掲載疾患

第1章   定義と分類
第2章   疫学
第3章   病態生理と成立機序
第4章   自然経過
第5章   食物アレルゲン
第6章   臨床症状と関連疾患
第7章   診断と検査(食物経口負荷試験を除く)
第8章   食物経口負荷試験
第9章   治療
第10章 食物アレルギーの特殊型
第11章 食物アレルギーの発症の予知と予防
第12章 社会的対応
第13章 患者および保護者への情報提供と共有化
第14章 今後の課題
補遺「災害時のこどものアレルギー疾患対応パンフレット」

この投稿の続きを読む »

タグ


2012年7月16日

カテゴリー:アレルギー疾患 小児科系疾患

小児アレルギー疾患総合ガイドライン2011

小児アレルギー疾患総合ガイドライン2011は、日本小児アレルギー学会により作成されたガイドライン。

掲載疾患

  1. 小児アレルギー疾患総論
  2. 気管支喘息
  3. アレルギー性鼻炎
  4. アトピー性皮膚炎
  5. 食物アレルギー

この投稿の続きを読む »

タグ


2012年7月15日

カテゴリー:アレルギー疾患 小児科系疾患 皮膚科疾患

このページの先頭へ