学校のアレルギー疾患に対する取り組みガイドライン

学校のアレルギー疾患に対する取り組みガイドラインは公益財団法人日本学校保健会により作成された学校向けガイドライン。

目次・掲載疾患

第1章 総論

  • すべての児童生徒が安心して学校生活を送ることのできる環境作りをめざして
  • アレルギー疾患とその取り組み
  • 「学校生活管理指導表(アレルギー疾患用)」に基づく取り組み

第2章 疾患各論

  • 気管支喘息
  • アトピー性皮膚炎
  • アレルギー性結膜炎
  • 食物アレルギー・アナフィラキシー
  • アレルギー性鼻炎

この投稿の続きを読む »

タグ


2012年7月16日

カテゴリー:アレルギー疾患 小児科系疾患

保育所におけるアレルギー対応ガイドライン

保育所におけるアレルギー対応ガイドラインは平成23年3月に厚生労働省により発表された保育所向けのガイドライン。合わせてQ&Aも出されました。

目次・掲載疾患

  1. 総論(アレルギー疾患とは)
  2. 保育所におけるアレルギー疾患(実態)
  3. アレルギー疾患各論(生活管理指導表の活用)
    気管支喘息、アトピー性皮膚炎、アレルギー性結膜炎、食物アレルギー・アナフィラキシー、アレルギー性鼻炎
  4. 食物アレルギーへの対応
  5. アレルギー疾患の共通理解と関係者の役割

この投稿の続きを読む »

タグ


2012年7月16日

カテゴリー:アレルギー疾患 小児科系疾患

2009年版アレルギー性鼻炎ガイド

2009年版アレルギー性鼻炎ガイドは、鼻アレルギー診療ガイドライン2009年版の内容を患者や家族、一般向けにやさしく書き直したもの。

目次・掲載疾患

  • アレルギー性鼻炎にはどのようなものがあるか
  • 主な花粉症原因植物の開花期
  • どの位の人がアレルギー性鼻炎をもっているか
  • どんな症状があるか
  • どうして起こるのか
  • 症状の起こり方
  • 診断方法
  • 治療法のいろいろ
    ①抗原除去と回避
    ②薬物療法(アレルギー性鼻炎に用いる薬のいろいろ)
    ③特異的免疫療法(抗原特異的減感作療法)
    ④手術療法
  • どの治療を選ぶか
  • 薬を選ぶめやす(通年性アレルギー性鼻炎)
  • 薬を選ぶめやす(花粉症)
  • 妊婦の治療
  • アレルギー性鼻炎に用いる薬(医家用・商品名)

この投稿の続きを読む »

タグ


2012年7月15日

カテゴリー:耳鼻咽喉科疾患

鼻アレルギー診療ガイドライン2009年版(ダイジェスト)

鼻アレルギー診療ガイドライン2009年版(ダイジェスト版)は、鼻アレルギー診療ガイドライン2009年版の内容を簡潔にまとめたダイジェスト版です。

閲覧はできませんが、書籍版の購入は可能です。

目次・掲載疾患

  1. はじめに
  2. 定義
  3. 疫学
  4. 発症のメカニズム
  5. 検査法
  6. 診断法
  7. 分類
  8. 治療法
  9. 付・口腔アレルギー症候群
  10. 付・専門医への紹介

この投稿の続きを読む »

タグ


2012年7月15日

カテゴリー:アレルギー疾患 耳鼻咽喉科疾患

鼻アレルギー診療ガイドライン2009年版

鼻アレルギー診療ガイドライン2009年版は、鼻アレルギー診療ガイドライン作成委員会により作成されました。2005年以来、3年振りの改訂版(改訂第6版)です。

閲覧はできませんが、書籍版の購入は可能です。

目次・掲載疾患

第1章 定義、診断、分類
第2章 疫学
第3章 アレルギー性鼻炎発症のメカニズム
第4章 検査・診断法
第5章 治療
第6章 その他
アレルギー性鼻炎の主な治療薬一覧表

この投稿の続きを読む »

タグ


2012年7月15日

カテゴリー:アレルギー疾患 耳鼻咽喉科疾患

小児アレルギー疾患総合ガイドライン2011

小児アレルギー疾患総合ガイドライン2011は、日本小児アレルギー学会により作成されたガイドライン。

掲載疾患

  1. 小児アレルギー疾患総論
  2. 気管支喘息
  3. アレルギー性鼻炎
  4. アトピー性皮膚炎
  5. 食物アレルギー

この投稿の続きを読む »

タグ


2012年7月15日

カテゴリー:アレルギー疾患 小児科系疾患 皮膚科疾患

アレルギー疾患診断・治療ガイドライン 2010

アレルギー疾患診断・治療ガイドライン 2010は、社団法人日本アレルギー学会により作成されたガイドライン。2007年版からの改訂。

2007年版のガイドラインに掲載された、アレルギー疾患総論、成人喘息、小児喘息、アレルギー性鼻炎、アレルギー性結膜疾患、アトピー性皮膚炎、食物アレルギーに加え、2010年版では重症薬疹の診断基準、接触皮膚炎、蕁麻疹・血管性浮腫、ラテックスアレルギーの4項目が追加になりました。

この投稿の続きを読む »

タグ


2012年7月15日

カテゴリー:アレルギー疾患 皮膚科疾患

このページの先頭へ