肝癌診療ガイドライン 2009年版

肝癌診療ガイドライン 2009年版は2009年8月に公表された診療ガイドライン。日本肝臓学会作成。

肝癌診療ガイドライン 2009年版目次

    肝癌診療ガイドラインについて

    肝癌診療ガイドライン改訂委員会
    2009年版 前文
    2005年版 前文
    肝癌診療ガイドライン Clinical Question・推奨一覧
    肝細胞癌サーベイランスアルゴリズム・診断アルゴリズム(図1)の解説
    肝細胞癌治療アルゴリズム(図2)の解説

    第1章 予防

    第1節 インターフェロン療法
    第2節 肝庇護療法

    第2章 診断およびサーベイランス

    第1節 サーベイランス
    第2節 腫瘍マーカー
    第3節 画像診断

    第3章 手術

    第1節 手術適応・術式・再発補助療法
    第2節 予後因子
    第3節 周術期管理
    第4節 補助療法
    第5節 肝移植

    第4章 化学療法・放射線治療

    第1節 化学療法
    第2節 放射線治療

    第5章 肝動脈化学塞栓療法(TACE)


    第6章 穿刺局所療法

肝癌診療ガイドライン 2009年版は日本肝臓学会ホームページで閲覧可能です(PDFファイル)。書籍版も発売されています。

肝癌診療ガイドライン 2009年版を閲覧する(外部にリンクします)

肝癌診療ガイドライン 2009年版

リンク先:日本肝臓学会医療従事者の皆様へ

肝癌診療ガイドライン 2009年版書籍を購入する

科学的根拠に基づく肝癌診療ガイドライン(2009年版)

合わせて読みたい関連書籍

一緒に読みたい関連記事

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

スポンサードリンク

タグ


2012年8月7日

カテゴリー:肝臓疾患

このページの先頭へ