腎障害患者におけるヨード造影剤使用に関するガイドライン2012

腎障害患者におけるヨード造影剤使用に関するガイドライン2012は日本腎臓学会作成の診療ガイドライン。

腎障害患者におけるヨード造影剤使用に関するガイドライン2012目次

  1. 腎障害患者におけるヨード造影剤使用に関するガイドラインの概要
  2. 造影剤腎症の定義
  3. リスク・患者評価
  4. 造影剤の種類と量
  5. 侵襲的診断法(心臓カテーテル検査など)
  6. 非侵襲的診断法(造影CTなど)
  7. 造影剤腎症の予防法:輸液
  8. 造影剤腎症の予防法:薬物療法
  9. 造影剤腎症の予防法:透析
  10. 造影剤腎症の治療法

腎障害患者におけるヨード造影剤使用に関するガイドライン2012は日本腎臓学会ホームページで閲覧可能です(PDFファイル)。書籍版の購入も可能です。

腎障害患者におけるヨード造影剤使用に関するガイドライン2012を閲覧する(外部にリンクします)

腎障害患者におけるヨード造影剤使用に関するガイドライン2012

リンク先:日本腎臓学会診療ガイドライン

腎障害患者におけるヨード造影剤使用に関するガイドライン2012書籍版を購入する

腎障害患者におけるヨード造影剤使用に関するガイドライン(2012)

合わせて読みたい関連書籍

一緒に読みたい関連記事

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

スポンサードリンク

タグ


2012年7月30日

カテゴリー:腎臓疾患

このページの先頭へ